社会保険労務士 本間事務所のホームページ
情報宝箱
MENU
トップ
業務案内
本間事務所の特色
講師・委員等
出版物
看護学校の講師として
事務所のご案内
本間事務所の具体的な特色

1.開業25年の経験と豊富な人脈、実績で、トラブルを解決

(1) 開業25年間で対応した多くの経験やリストラの電話番10年の実績などで、経営者や働く方のトラブルにアドバイス。
当事務所のクライアントは、従業員1人から従業員数万名の一部上場会社まであり、組織や案件に適した対応ができます。
経歴のご案内
病院を守る文書のご案内

(2)採用前から退職まで、リストラや労組との話し合いなど人と組織に関する幅広い分野への対応・解決

(3)監督官庁の調査への対応
  [1] 労働基準監督署、労働局
  [2] 社会保険事務所、公共職業安定所
  [3] 会計検査院
  調査の一例ご案内

(4)厚生労働省委託の委員会の委員を経験し、専門的な知識を習得
  [1] 過労死検討委員会
  [2] 小規模事業者モデル就業規則作成検討委員
  [3] 在宅介護事業者モデル就業規則作成検討委員
  委員会出版のご案内

(5)出版物と各種新聞・雑誌などへの掲載の実績
  [1] 出版の実績
就業規則、リストラ、外国人雇用、定年退職者へのアドバイス、
加重労働問題など多岐にわたり執筆
本の出版物のご案内

  [2] 各誌掲載の実績
「税務通信」  外国人雇用、M&A
「税のしるべ」 16回シリーズ
その他、経理ウーマン、SRなどに執筆
掲載記事のご案内

(6)多くのセミナー講師を務めさまざまな情報を提供する実績
  [1] 退職者セミナー 《出版社など各企業》 レジメのご案内
  [2] 就業規則作成の実務 《東京都、社団法人など》 レジメのご案内
  [3] コンプライアンス 《各企業の管理職など》 レジメのご案内
  [4] リストラ、企業再生 《企業再生塾》 レジメのご案内
  [5] 外国人雇用 《外資航空会社など》 レジメのご案内
  [6] 病院を守るスペシャリストとして 《案内文》 レジメのご案内

2.20冊を超える出版実績で、最新の知識をわかりやすく解説

最新かつ丁寧にわかりやすく情報を提供しています。
出版物はここをクリック

3.経営者や相談者と共に、問題解決まで悩むことを厭わない姿勢

(1)事業の設立から事業再生などを経営者と共に悩んできました。
静岡の有名旅館を立ち上げ1年前から関与し、リストラなどの労務問題はもとより、契約内容やさまざまな問題を経営者と共に10年間悩みながら解決してきました。その他、ゴルフ場など、企業再生にも取り組み、その経験をもとに椛D井財産コンサルタンツ主催の「企業再生塾」で講師を務めました。(レジメ参照

(2)中国(上海)の工場買収に経営者と共に行動の実績
昨年末は、中国(上海)の工場買収の結論を出すべく、社長と同行し、工場見学と現地オーナーや役員と討議した結果、即日に結論を出して帰国しました。

4.M&AやIPO(上場)に際してのコンプライアンスにも精通

M&A前の労務監査やM&Aによる労働条件の統一、店頭公開や上場前のコンプライアンスチェックや改善方法を提案・実施します。
M&Aの記事のご案内
本年3月1日に、東京都社会保険労務士会で行われる「M&Aの労務管理」の6時間のセミナーは、募集から1週間で定員の120%の応募があり締め切り。M&Aに対する意識の高さがうかがわれます。

5.法務・税務の専門家との幅広いネットワークで問題解決へ貢献

ワンストップサービスとは、幅広い士業間の連携で可能に!
多種多様な問題を解決するには、総合事務所といわれる一つの事務所内での解決は困難です。
むしろ多くの場合、提携先の専門家と連携して解決しているのが実情です。
やはり、問題解決は高レベルな専門家を熟知し、事案やクライアントに最適な専門家をセレクトし紹介し、事後も関わることで実現します。

問題発生から解決までの流れ
 1 問題発生
     
 2 本間事務所へ相談(直接または紹介による相談)
     
 3 専門家の事務所を紹介(本間事務所でアポイントと問題の説明を簡単にします)
     
 4 専門家へ相談(問題により本間事務所で同席します)
     
 5 問題解決への具体的な行動(必要に応じて本間事務所でフォローします)
     
 6 問題の解決

当事務所のネットワーク
 【法務関係】 弁護士15事務所
 (民事全般、刑事事件、行政訴訟、外国関係など)
 【財務関係】 税理士20事務所、公認会計士10事務所
 【登記関係】 司法書士10事務所
 【特許関係】 弁理士(特許)10事務所
 【許認可等】 行政書士10事務所(許認可、外国人問題)
 *更に提携先からの専門家の紹介も可能です。

社会保険労務士の先生との業務提携や専門家の紹介も数多くあります。